皮膚科でレーザー治療 シミ取りをしたら意外と簡単だった<施術編>

シミ

レーザー治療でシミを取ることにしました。

アラサーに近づくにつれて、以前は気にならなかったシミが目立つようになってきました。

遺伝的な体質もあるのかもしれませんが、紫外線に弱くてそばかすやホクロも多い方だと思います。

実際にレーザー治療がどのような流れになるのか不安な方も多いと思うので、今日はブログに記録しておこうと思います。

corie
美容皮膚科って女性のコンプレックスや悩みにつけこんでぼったくられそうな気がする…!!!
corie
いろいろ勧められて追加費用がかかりそう!!!

と、ずっとやるべきか悩んでいたのですが行きつけの皮膚科のホームページには料金が詳しく載っていたので、事前に他の病院とも比較して決めることにしました。

そもそもなぜシミができるのかを調べてみてまとめたので、よろしければこちらもご覧下さい。

シミ

なぜシミができるのかその原因はメラノサイトの活性化によるメラニンの沈着

2018年9月2日

シミ取りレーザー治療のカウンセリングと施術までの流れ

わたしがレーザー治療をした皮膚科ではまずカウンセリングをしました。

その後日程を決めて改めて施術という流れでした。

カウンセリングでは、顔に7mmほどのシミが2つあるのが気になっていたのでそれを取りたい旨をお伝えしました。

まずはいくつかあるシミの治療方法についての説明があり、シミの治療方法はシミの種類によっても変わってくるとのお話しでした。

レーザーの他にもハイドロキノンが含まれた塗り薬で様子を見たり、ビタミンCの服用も併用したりする場合もあるそうでです。

治療法に関する同意書にサインをして、小さいほくろやソバカスのようなものを含めて事前にどのシミを取りたいのか相談しました。

わたしは大きめのシミ2つと顔のほおにいくつか点在しているシミを中心にお願いしました。

シミ取りレーザー治療の施術当日の流れ

診察室に入ると、診療台に横になるよううながされます。

ひざ下に毛布をかけてもらい、黒いゴーグルのような物をつけて寝転びました。

ゴーグルはしていますが念のため目はつぶっていて下さいと言われます。

corie
どきどき!!!

シミ取りレーザー治療の痛みはどれぐらいなのか

「脱毛の時のような輪ゴムで弾かれような痛みですよ。」と言われていました。

実際には瞬間的に輪ゴムで弾かれたような、瞬間的にシャープペンシルでツンとされたような痛みという感じでした。

我慢できる程度の痛みではありますが、痛みには強くないので早く終わって欲しいという感じです。

(初めてでとても怖かったので気づくと足元にかけていただいたタオルを握りしめていました。)

施術時間は治療箇所にもよりますが数十カ所の施術で、10分もかからなかったと思います。

痛みは一瞬で慣れてしまって気にならないほどになりました。

施術中にはかすかに焦げたようなにおいがした気がします。

照射後はアフターケアの説明を受けて帰りに軟膏とテーピング用のテープをもらいます。

ビタミンCを処方してもらっていたので薬局で受け取って終了です。

シミ取りレーザー治療のアフターケア

その日からお化粧OK という病院もあるみたいです。

私が通っていた皮膚科では5日間は朝晩綿棒で軟膏を塗って、テーピングをして化粧はその上からと言われました。

化粧や洗顔もテーピングをした上からいつも通りすることになります。

顔中テープだらけになるので、仕事の都合がある方は施術の日程を休みに合わせて行うと良いのではないでしょうか。

治療した直後の見た目は焦げたような色をしていてやけどの跡のような感じです。

気になるシミ取りレーザー治療の費用は全部でいくらかかるのか

美容診療は高額なイメージあるのではないかと思います。

  • 美容診療は保険がききません
  • 基本料金は1万円
  • 1ショットは1,000円(約直径3mm)
参考になりますがわたしは大きめのシミが2つと小さいシミがたくさんあったので、25ショットほどで4万円ほどかかりました。

皮膚科によってはワンショット数百円でやっていただけるところもあるようです。

今までにやったことがないことに対して漠然と怖かったのですが、施術はあっという間で治療をして良かったと思います。

corie
これならもっと早くやれば良かった…

次回はレーザー治療後翌日から10日後の治療経過を、肌の変化を中心にお伝えしたいと思います。

レーザー治療をしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

シミ

レーザー治療でシミ取りをした治療後の肌の様子<経過報告>

2018年8月2日