形成外科でホクロとあざとシミを取った治療と経過のまとめ

シミ

レーザー治療3回目、完治しなかったホクロとあざとシミを再度取りました

私が初めてシミの治療をしたのは、都内の皮膚科でした。

その時の経過をまとめたブログは、こちらから。

シミ

皮膚科でレーザー治療 シミ取りをしたら意外と簡単だった<施術編>

2018年8月1日

その後、近所の皮膚科で2回目のシミのレーザー治療をしました。

この病院は安いと評判だったのですが、ニキビ跡以外にはあまり効果が見られませんでした。

シミ

【口コミ】静岡市でシミ取りレーザー治療をするなら竹内形成外科がおすすめ

2019年10月23日

ということで、今回が3回目のシミ治療になります。

今回伺った形成外科でシミだけでなく、ホクロとあざの相談もすることにしました。

ホクロ

以前に大きいホクロを治療した際は、メスで繰り抜くように切って縫いました。

ホクロ

皮膚科で顔にあった大き目のホクロを除去した時の話

2018年8月15日

今回は前回のホクロよりもやや小さく、少しだけ凹凸があるホクロを取りました。

実はこのホクロはレーザーを一度当てていたのですが、あまり効果がありませんでした。

ホクロの治療方法はいくつかあって、この程度の大きさのホクロでも、メスで切って縫うこともできるそうですが、今回は窒素ガスレーザーを使用することに。

昔からあるホクロの場合、丁寧にレーザーを当てても根が残ってしまい再発してしまうこともあるそうです。

施術

レーザーは皮膚が削られるような感覚で、我慢できる程度の痛み。

治療は数分で終わり、レーザー照射後にはキズパワーパッドのようなシールを貼ります。

昔は傷を乾かして治すのが主流でしたが、今は乾燥させずに膿が出たらパッドを張り替えていきます。

数日後の肌の様子

治療から3、4日は膿が出てテープが白っぽくなりましたがあっという間に傷口が塞がりました。

一週間もすると膿は出なくなり、新しい肌ができてたのでテープを貼るのをやめました。

肌は少し赤みがある感じですが、徐々に薄くなっていきます。

このタイミングでは、化粧をすることは可能です。

コンシーラーで十分目立たなくなります。

新しい肌が日焼けしないように気をつけましょう。

あざ

私のあざは色の薄い茶色い円形の中に、濃い茶色のホクロが多数あるような形でした。

一般的にはあざと言いますが、医学的にはホクロの一種とのことでした。

レーザーは色の濃い皮膚には反応しやすく、照射した場所が反応してかさぶたのように剥がれます。

そのため肌がやや薄い茶色の場合は、レーザーを当てても効果が見込めないことも多いそうです。

また、あざは切って縫うこともできますが、円形の場合やや大きめにメスを入れて縫うことになります。

そのため、傷が長くなってしまうこと、また皮膚が突っ張るような違和感も感じやすいとのことで、レーザーを当てて様子をみることにしました。

レーザーも強力なものから弱いものまで様々な種類があるそうです。

施術

黒いゴーグルのようなものを目に当ててから、レーザー治療をします。

ゴーグルの中でも目をつぶっているようにと言われました。

corie
強力な機械だったのか、いつもより痛かった。

痛みはゴムでぱちっと弾かれるような感覚です。

レーザー照射後には、軟膏を塗ってもらい終了。

こちらはパッドなどを使用せずそのまま過ごして構わないとのことでした。

レーザーを当てた直後から色は黒っぽくなりました。

見た目は、水ぶくれのような感じで膨らんだ数日後に肌が剥がれました。

シミ

これまでに2回レーザーを当てているシミですが、治療前よりもやや薄くなりましたがすっきり綺麗にはなりませんでした。

色が薄いシミはレーザーで治療することが難しく、今回はトレチノインとハイドロキノンという塗り薬を使った治療をすることになりました。

トレチノインはメラニンを放出させて、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える効果があります。

使い方は以下の通りです。

  1. 化粧水をいつも通り塗る
  2. トレチノインを綿棒でシミの部分のみ塗る
  3. 乾いたら顔全体にハイドロキノンを塗る

ハイドロキノンはトレチノインを塗った周りにと書いてあるホームページもありましたが、私が行った病院では顔全体に塗ると説明がありました。

また、朝晩ではなく夜の一回のみとの案内でした。

1ヶ月程度続けて様子を見ていきます。

一週間後の肌の様子

肌は炎症を起こしているような感じで赤っぽくなりました。

一部分は薄く肌が向けるような感じ。

かさぶたのように硬くなってから肌が剥がれる部分もありました。

肌がむけても痛みがないようであれば、塗り薬を続けて構いません。

痛みがある場合は、トレチノインをお休みして様子を見ます。

シミとホクロとあざ治療のまとめ

これまで開業医の皮膚科に2院通い、最終的には3つ目に総合病院の形成外科に行きました。

結果的にですが、今回伺った病院が一番説明が丁寧で、処置も的確だと感じました。

ホクロ一つとっても様々な治療方法があります。

corie
やはり、信頼できるいい先生に出会えることが一番ですね。

美容皮膚科ではなく皮膚科や形成外科の方が、良心的な価格で診療していただけることがわかりました。

なので、皮膚に関することであれば美容皮膚科よりも前に、かかりつけの皮膚科で相談してみることをおすすめします。

また、すぐに即効性があるとは言えませんが、ビタミンCの服用はシミに一定の効果があるそうです。

ちなみに、レーザーの治療は保険が効かない自費診療になります。

皮膚科でも料金体系が様々なので、事前にホームページや口コミを調べてから行くと良いと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

美肌キレイラボは美肌に関する情報をお届けするブログです。アラサーの私が実際に試してみて本当に気に入ったものや、ノウハウをシェアしていきたいと思っています。