ニートになって3週間経った心境やライフスタイルの変化とか。

ニートになってから2週間が経ってどんな変化があったのか

新卒から正社員で9年半働いてきました。

そんな毎日から毎日働かない、ニートな生活になるとどんな変化があると思いますか。

需要があるのかないのかわかりませんが、メモとして残しておこうと思います。

ニートになったら朝のんびり起きて、やや夜型になった

まず第一に、そしてこれは意外だったのですが、朝起きれなくなりました。

目覚ましはこれまで通りにかけているのですが、止めた記憶がなく2度寝してしまうことが増えました。

朝はゆっくり起きるようになり、それに伴ってやや夜型に。

明日もあるし寝なきゃと思う必要がないので、面白い本があれば夜更かしして読んでしまったり。

corie
ちなみに、最近のマイブームは人工知能。

お金を使うことに対して自覚的になった

サラリーマンをしていて毎月充分な給与が定期的に入ってくると、お金を雑に使ってしまうことが多かったように思います。

無駄遣いということではありませんが、欲しければ買うという感じ。

何かを買うときにものの値段を気にすることなくポチったりカゴに入れたりしていました。

が、

定額の収入がないと思うと、お金を大事にするようになりました。

と言うよりも、これまでやりたい!

corie
じゃあ、やろ!!!

というフットワークの軽さがありましたが、積極的にお金を使わなくなると言った方が良いかもしれません。

これまで環境に恵まれてきたので、普通の暮らしをして生きていくってめちゃくちゃハードだなと思っています。

若者世代にとって税金高くないかと感じるようになった

払っている税金よりも受けているサービスの方が多いので、あまり言えたことではありませんが税金が高いなあと。

年金とか、健康保険とか、雇用保険とか、給与から天引きされているとあまり意識せずに生きていた気がします。

家賃も自分で払っていなかったので、やれ敷金だ、礼金だ、手数料だ、引っ越しだ、何だかんだでこんなに初期費用がかかるんだとか。

corie
みんな、弱肉強食のこの世界で与えられたカードを使い生き抜こう。

会いたい人に会いにいくようになった

時間はこれでもかというほどあるので、会いたい人に会いにいくようになりました。

これまでいつでも会えるし、いつか会おうと思って先延ばしにしていたんですよね。

人混みが苦手なので、平日の昼間はランチをするにしても移動するにしてもとても楽です。

特に平日のランチはお得なことが多いので、人が少なくて並ばずに入れるのはこの上なく嬉しいです。

友達や家族の存在への感謝の気持ちが増す

自分の周りの人間関係に関して、その存在を改めて認識して感謝の気持ちがわいてきました。

普通に生活をしていても、何かごとにつけてその存在を意識することはありますが、改めて考えるという機会は少ないように思います。

応援してくれる存在がいて、ちょっとした言葉に救われて、また頑張ろうと思える。

月並みですが、本当にありがたいことだなと思います。

corie
らぶ。

割と幸せな日々だが、だらだらしててはいけない気がしてくる

時間があるので、ややだらだらする時間が増えます。

そして、だらだらしているとだらだらしててはいけない気がしてくる無限ループ。

よく自由であることは不自由だと言いますが、私の場合はそういったこともなく、今のところ割と幸せな日々を過ごしています。

これが、生活に困窮するようになったら不安になるのかもしれませんが、働けるうちは大丈夫かなと思っていて。

読みたいだけ本を読み、会いたい人にしか会わず、人間関係のストレスは一切ないです。

口では

corie
働きたくなってきた。

とか言うけれど、そこまで思っていないかも。

老後のような日々を、30歳にして過ごしています。

ですが、

穏やかな日々が続くと、人生一回だしもっと濃い毎日にしたいなという気持ちがむくむくとわいてきました。

何も生産していない日々が無為に感じて、何かせねばという衝動にかられます。

だらだらしていて良いはずなのに、だらだらしててはいけない気持ちになるっていう。

仕事がしたいというよりも、仕事をせねばというのは現代の病な気がする。

まとめ

つまるところ、自分が得意なことで人の役に立ってしっかりと成果を出し、好きなことやりたい仕事をして、毎日に好奇心がくすぐられる学びがあって、ゆるやかな人とのつながりもあって

お金のことを考えなくていい程度のお金もあって、というのが理想だなと考えるようになりました。

そんなふうに、自由に生きていきたいでっす。

corie
そして、人生は続く。
プログラミング学習

30歳未経験からエンジニアへ転職しようと思って挫折した話。

2019年10月4日