皮膚科で顔にあった大き目のホクロを除去した時の話

ホクロ

数年前に通っていた皮膚科で大き目のホクロを取った時の経過

今日は数年前の話になりますが、ホクロを取った時のことを備忘録もかねて書いてみようと思います。

そもそも顔のホクロを取ろうと思ったきっかけ

以前東京に住んでいたのですが、免疫が弱っていたのか病気にかかりやすく足の裏にできものができたので、家の近くの皮膚科に何度か通っていました。

待合室で順番を待って雑誌を読んでいたところ隣にいた女性2人が知り合いだったのか話をしていて、

「最近この皮膚科でホクロを取ったのよ。」と聞こえてきました。

当時は自分の顔にあった大きめの3つのホクロは全くというほど気にしていなかったのですが、

ふとその会話をきっかけに、あ!そうだ!ホクロ取ろうと思ったのでした。

corie
ホクロを取るのって痛いのかな…

皮膚科で顔のホクロを除去する治療の流れ

皮膚科の先生に相談してみたところ、丁寧にどのような処置になるのか説明をしてくださいました。

てっきりレーザーでくり抜くのかなあとイメージしていたのですが、大きめのホクロの場合はくり抜くようにカットして縫い合わせてしまいます。

小さい点のような凹凸のないホクロはレーザーでの治療になるとのことでした。

  1. 部分麻酔をかける
  2. くり抜くようにカットする
  3. 縫いあわせる
  4. 後日抜糸をする

ホクロを取ったあとは、傷口が塞がってから抜糸をするまで約1週間ほどその上からマスキングテープのようなテープを貼っておく必要があります。

corie
仕事をしているし完治するまでの間はどうしよう….。

フルタイムで仕事をしていて毎日会社の人に会うので、テーピングをしている姿をあまり見せたくありませんでした。

なので、お正月の長期休みに入る直前に1日早くお休みをいただいて、施術を行い休み明け前に抜糸まで行うスケジュールでお願いすることにしました。

皮膚科で顔のホクロを除去する当日の治療の流れ

カウンセリング後に改めて施術日の予約をして、ついに当日を迎えました。

施術の当日は話で聞いていた通り、まずは部分麻酔をしていきます。

最初に目隠しのようなものを渡されて様子が全く見えないのが少し怖かったです。

部分麻酔は少しちくっとした痛みがありましたが、その後は痛みは全くありませんでした。

なくなんとなく皮膚を切られている感覚、縫われている感覚を感じました。

終わった後には取り除いたホクロを見せてくださって、悪性のホクロではないとの説明がありその日は終了です。

corie
無事に施術が終わってほっとしました。

施術後1週間ほどはテーピングをして過ごして、抜糸をしたら施術完了になります。

気になる費用は医療保険が適用できるので自己負担額は3割ほどでした。

確か数万円でホクロを取ることができたと思います。

皮膚科でホクロを取ってから4年経った今の肌の様子

抜糸した直後の肌は線が残っているようにも見えましたが、ホクロを取ってから約4年ほど経ってみると全く跡はわかりません。

そう言えば昔は顔にホクロあったかなという感じです。

ホクロのうち1つは眉のすぐ上にあったので、そこだけ毛が生えてこなくなっていますが眉の形に影響はなかったので安心しています。

大きめのホクロを取るのは保険も効いて意外と簡単にできます

ホクロは悪性でなければ取り除く必要はありませんが、大きさや出来る場所によっては気にしている方も多いと思います。

ホクロを取りたいと思ったら、治療方法もホクロの大きさで変わってくるので、一度信頼できる皮膚科で相談してみると良いのではないでしょうか。

施術前は緊張しましたが、思っていたよりも簡単であっという間に終わります。

数年もすれば縫い傷は全くと言っていい程目立たないですし、再発もしていません。

corie
なんだかスッキリして思い切ってとってしまって良かった!!!
シミ

皮膚科でレーザー治療 シミ取りをしたら意外と簡単だった<施術編>

2018年8月1日
スキンケア

皮膚科で茶あざの治療方法について聞いてわかったこと2つ

2019年3月23日