簡単美肌レシピ!もちもち酵素玄米の作り方

レシピ

母直伝もちもち酵素玄米の作り方

どうも、こりえです。

久しぶりに実家に帰ったら、母が発酵食品や酵素玄米にはまっていました。

皆さん、酵素玄米ってご存知でしょうか。

酵素玄米とはモチモチに炊いた玄米のことで、玄米を炊飯器の保温モードを利用して3日間ほど寝かせて熟成させて作ります。

一度に多めに作っても、何日間か食べることができますし栄養満点で一人暮らしの方にもおすすめです。

corie
一人暮らしをしていると、母の味が身にしみますね…。

今日は、そんなもちもち酵素玄米の作り方をご紹介します。

もちもち酵素玄米を作る際に用意するもの

  1. 玄米 1と3/4カップ
  2. あずきと金時豆 1/4カップ
  3. 塩 小さじ1/2

金時豆はお好みでなくても構いません。

粒が大きいのであずきとはまた違った食感が楽しめます。

もちもち酵素玄米の作り方

  1. まずは玄米とあずきを洗います
  2. 玄米とあずきに塩を加えます
  3. 水をひたひたより少し多めに加えて7分ほどかき混ぜます
  4. 2合炊きのメモリまで水を加えて一晩置きます
  5. 炊飯器で炊き上げます
  6. 軽く混ぜたら炊飯器を保温モードにして3日ほど寝かせます
玄米とあずきを洗う際はいつもお米を炊くように、2〜3回水を変えながら汚れを軽く落とす感じで大丈夫です。

小豆は玄米の3倍のたんぱく質を含むので、加えて炊く事でさらに栄養のバランスがアップします。

また、お塩を加えることで玄米に含まれる苦味のもととなるカリウムを中和することができます。

corie
手でかき混ぜる時のコツは時計回りで一周約2秒のスピードで。

炊いた後すぐにでも食べることができますが、保温をして80時間ほど置くと発酵だ玄米が楽しめますよ。

我が家では父は白米が好きなので、炊飯器を2台用意していて1台で白米を炊き、もう一台で玄米を炊いて保温しています。

玄米は完全栄養食と言うけれど、どんな栄養が含まれているのか

そもそも玄米とは、刈り取った稲穂付きのお米からもみがらを取り除いたのが玄米です。

玄米をさらに精製して食べやすくしたのが白米で、精米後は胚芽などが取り除かれています。

白米より玄米の方が栄養が豊富と言われるのは、この取り除かれた部分にビタミン1やミネラル、食物繊維が含まれているからです。

玄米と白米の違い

出典:新・玄米の食べ方 山川瑞穂

例えば、ビタミンB1はこの取り除かれてしまう糖に約30%、胚芽に約65%含まれますが、削り取られた白米に残るのはたったの5%になってしまいます。

食物繊維は便秘の解消につながり、ビタミンB1には炭水化物を効率よくエネルギーに変える働きがあります。

corie
小麦粉より全粒粉!白米より玄米!茶色いものの方が体にいいんだって!!!

他にも白米に比べて玄米にはたくさんの栄養が詰まっています。

カルシウム 骨粗しょう症を防ぐ
マグネシウム 心臓病を防ぐ
貧血を防ぐ
食物繊維
フェルラ酸 抗酸化作用
ギャバ(発芽玄米) 精神安定作用

今は白米に麦を混ぜて炊いていますが、なくなったら酵素玄米生活を始めてみようと思っています。

玄米を美味しく炊くには水分量がポイント(追記)

何度か酵素玄米を作ってみたのですが、炊飯器の線に合わせるとどうしても水分量が多いようでベタベタした仕上がりになってしまうようです。

玄米の種類によっても変わりますが、勝間和代さんのレシピによると、

  • 玄米1合あたり245ccの水がベスト
になるとのこと。

しっかり分量を計るのは少し手前ですが、プロの料理人も計量すると聞いて素人のわたしはちゃんと計るべきだと思い直しました。

お好みの炊き方は色々かと思いますので、自分のベストを目指して試してみて下さい。

corie
玄米のミルキークイーンという品種はもち米のようなもっちり系で気に入っています!!!

玄米に合わせる野菜たっぷりの副菜やお味噌汁のレシピはこちらから。

ホットクック鍋

ホットクックで作るおすすめの野菜たっぷりアレンジレシピ10選

2018年12月9日

ABOUTこの記事をかいた人

美肌キレイラボは美肌に関する情報をお届けするブログです。アラサーの私が実際に試してみて本当に気に入ったものや、ノウハウをシェアしていきたいと思っています。